慢性腎臓病の場合は腎機能が元の状態に回復することはありません

慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮したクレアギニンEXは、生の野菜や生の果物と違って含まれているカリウムが、間違いなく多量です。そのため、腎機能障害のある患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の調整を行ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩分多めの食品よりも、なるべくクレアギニンEXを選びましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してください。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、病気と無縁の生活状態を意識することで健康な人と同じように生活することが可能です。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、常に油断しないようにすることです。場合によっては尿に病気のサインが出るので、ただちに病院で診察を受けましょう。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く集まっています。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンを作り出すなどの必要不可欠な働きをしています。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見受けます。一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になったとしても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもそれぞれに応じた治療法も加わり、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能です。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると次は腎不全と呼ばれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。
参考にしたサイト>>>>>腎臓病 食事 宅配 口コミ